留守中の防犯対策について質問です。

質問と回答
  • 留守中の防犯対策について質問です。 しばらく旅行で家を空けるのですが、先日空き巣に入られたため心配でなりません。 どんな対策をすればいいでしょうか? 完璧!というのは無いと思いますが、ぜひよろしくお願いします。
  • 空き巣被害に遭われて不安でいらっしゃることにご同情申し上げます。 旅行中に郵便物・新聞の取出しをご近所にお願いする事が出来るような仲の良い友人・親戚がいらっしゃる場合に最適な防犯の一例をご紹介させていただきます。 自動通報機はいかがでしょうか。 警備会社のホームセキュリティと同じようなシステムで、オプションが多彩なので必要に応じたセンサーを選ぶ事が出来、異常があった場合に指定した連絡先に通報を入れる事ができます。 質問者様が旅行等に出掛けられる場合には次のような手順になります。 1.自動通報機には予めご近所の友人・親戚等の留守をお願いできる方の電話番号を登録しておきます。 (メーカーによりますが、登録先は複数出来るのが一般的です) 2.自動通報機をセットして出掛けます。 3.異常が発生した場合は自動通報機が登録されている電話番号に電話を掛け、異常が発生している事を通報します。同時に サイレンが取り付けられている場合は、サイレンが鳴動します。 4.通報を受けたご近所の友人・親戚に自宅の中を見てもらい、状況により警察及び消防への通報を行う。 実際に一つのシステムを数軒の家で共同購入し、旅行等で留守にする時にお互いに警備を依頼している方々もいらっしゃいます。 システムの初期投資は必要ですが、ランニングコストは僅かな電気代金と通報時の電話代金だけです。 自動通報機及びセンサーの一例は下記のURLをご覧ください。 http://www.hybrid.co.jp/homesecurity/kinkyu-denwa.html http://www.hybrid.co.jp/homesecurity/sensor.html 今回の空き巣被害を機会にしっかりとした対策を取りたいのであれば、第三者的立場の専門家による防犯診断を受け、適切なアドバイスを基に防犯上脆弱な点について対策を取ることをお勧めします。防犯のプロが建物の構造・隣地環境(周辺環境)等を考慮して診断を行うので無駄な対策が生じません。 この第三者的立場の専門家を探す方法についてご紹介します。 公益社団法人 日本防犯設備協会のページの中に地域関連協会のページがあります。 URLは下記のとおりです・ http://www.ssaj.or.jp/link02.html 質問者様が住まわれている地域関連協会に防犯診断の依頼をすれば診断員(防犯設備士有資格者)を派遣してくれます。簡易的な防犯診断であれば3万円程度ではないかと思います。(地域関連協会によって診断方法・料金の違いがありますので電話でご確認ください。) 診断結果を基に自分で出来る事はDIY感覚で行うのも良いと思います。ガラス破壊センサー・サッシの補助錠等はホームセンター・家電量販店等で手軽に購入ができ、ご自身で簡単に取り付けることができますのでチャレンジしてみてください。 工事が必要な場合は、複数社から見積を取り、納得の出来る業者に工事を行ってもらいましょう。

回答はありません

是非あなたの回答をお聞かせ下さい!